トラブルシューティング

本ドキュメントでは、Deguを使用する上で陥る可能性のあるトラブルとその対処法について紹介します。

main.pyが保存できない

maiy.pyが保存できない場合、以下の理由が考えられます

  • 保存可能な容量を超えている

    main.pyが保存されるFAT12 Partition領域の容量は16KBですが、この中にはFAT12メタデータも含まれているため、16KB全てを利用することはできません。保存可能な容量を超えている場合は、コメント・改行を減らすなどして容量を削減してください。

  • DeguのFlashメモリへmain.pyが書き込まれる前にUSBケーブルを切断している

    MicroPythonコードの変更の手順を参考に、「デバイスの安全な取り外し」等の手順を行ってください。

AWS IoT Coreのシャドウが更新されない

DeguのMACアドレスがAWS IoT Coreの「モノ」として登録されている状態で、Deguの電源を投入してもAWS IoT Core上のシャドウが更新されない場合には、以下の手順をお試しください。

  1. Deguの接続情報を初期化する

    OpenThread Network Information領域を消去することで、Deguの接続情報を初期化することができます。

    Linux PCにDeguを接続し以下のスクリプトを実行することで、Deguの接続情報を初期化できます。

     $ wget https://open-degu.github.io/script/degu_delete_con_info.sh
     $ sudo degu_delete_con_info.sh
    
  2. AWS IoT Core上のデバイスを削除する

    デバイスを削除するには、登録されているモノのページで、アクション->削除 をクリックしてください。

  3. DeguのMACアドレスをAWS IoT Coreに登録する

    Deguゲートウェイのセットアップの「DeguをAWS IoT Coreに登録する」に従い、再度DeguのMACアドレスを登録してください。

Deguを別のDeguゲートウェイに接続したい

AWS IoT Coreのシャドウが更新されないと同様の手順で、接続情報を消去し、AWS IoT Core上にデバイスを削除・追加してください。